個人情報保護士ってどんな資格?

これでアナタも個人情報のプロ?個人情保護士に迫る!

就職に有利になるって本当?

どんな仕事から重宝されるのか?

データによると個人情報保護士は資格ランキングで2位と高い人気を誇っています。国内で活躍する大手企業でも取得推奨されていて、個人情報保護士をサポートする為に研修を導入しているところもあります。特に個人情報管理を任されている役職や類似資格を持っている方が取得しています。

また就職活動中の大学生からも人気なので、学生の内から取得を目指す方にも良いでしょう。個人情報流出や関連したトラブルは一度起こってしまうと信頼回復は難しく、大きな企業であればあるほどダメージが大きくなります。

その為、大手企業がこぞって個人情報保護士を取り入れて流出防止に励む意味も理解出来ます。IT知識を持っている必要もあるので、これらの業界に参入検討している方にもおすすめです。

合わせて取得したい資格とは?

個人情報保護士だけでも十分強みになりますが、関連した資格を持っていると更にプラスになります。類似資格としてはマイナンバー実務検定が挙げられます。この検定の2級以上のスキルがあると個人情報保護士の課題1であるマイナンバー法の理解が免除となるので、ぜひ取得を目指すと良いでしょう。

情報セキュリティ管理士はネットワーク関連のセキュリティ知識が必要とする資格で、エンジニアだけでは無く営業や事務系の方が取得しているのはとても少ないです。エンジニア以外の方もネットワーク管理を行うので、個人情報保護士と情報セキュリティ管理士の両方を持っていると企業からの信頼度が上がります。情報処理安全確保支援士試験も同様の理由で、支持を得ています。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る