お金は大事!節約してると敏感に分かってくるこの違い!

節約意識から毎日のお昼は手作りのランチを会社に持っていくことを基本にしている私です。その上で、たまーにコンビニランチを適当にそのとき食べたいものを毎月の許容ランチ代範囲で買うのが常ですね。たまにならともかく、毎日毎日買い食いしてたらお昼代もバカにならなくて不経済なので。節約したいなら、たまに買うぐらいの頻度で収めておかないとです。

そんなたまの買い弁をサンドなどパン系ランチにするとき、お供になるのが好物のマウントレーニアカフェラテです!本当は前日にでもスーパーなんかで予め買っておいた方が経済的なのですが、同じ品物でありながらその値段差はスーパーやコンビニや駅の売店でかなりの差があることとその差への敏感さは節約意識ゆえの感覚として今朝もかなり反応しました!

マウントレーニアは近所の行きつけスーパーで1本約100円ぐらと安価なのに対し、通勤のときに通る駅前コンビニですとそれが120~130円ぐらいで、今朝急いでたこともあってマウントを初めて駅ナカ売店で買ったら何と、、、160円~!?ちょっと待って、160円もするの!?とたまげてしまいました。コンビニ価格でも「ちょっとねぇ~」と思いながらどうにか許して買うぐらいなのにこれは大きいです。スーパーの価格と比べたらその差は60円と歴然ですね!

駅ナカ売店は便利な分高いなと思いつつも一応まだ今月のランチ代はあるので、今日のところだけはとお勉強料込みで160円マウントレーニアを買ったのでした。コンビニ価格がかわいく見えるような駅ナカ価格です。よほどの理由でもない限り、もう今日限りで駅ナカマウントは買わないぞと誓いました笑。

忙しくて合理的に事を済ませたい朝のことですから、スーパーで買い物するときのように品物ごとにこれはあっちで、この食品はあっちの別のスーパーで、という悠長なことはやっていられないので。それにしてもマウントはおいしいですね。基本的には近場スーパーで経済的でおいしく味わうのが一番だと思いました!

なぜ私が節約するのか

私はもともとギャンブルが好きで散財しっぱなしの人生を歩んできました。パチンコ、スロット、競馬、宝くじ。当然利益が出るわけもなくいつもお金が足りなくて困っていました。当時はお金が欲しくて仕方なかったです。実際にお金を借りてまでギャンブルをしていました。

即日・今すぐにお金が欲しいなら

旦那と出会って付き合うようになってから、こんな自分ではイケないと思い今ではすっかり足を洗いました。足を洗いすぎて節約家に(笑)。やっぱりお金は大事!無駄遣いはダメですよ。

保存

キンキキッズ「人間失格」のDVDが面白い

 

大晦日にキンキキッズが紅白歌合に出た。今頃どうして彼らが出たのか不思議でした。最近ヒット曲も聞いていない。それも初出場であった。でも歌を聴いていたら、昔この子たちがドラマに出ていたことをを思い出した。いやもうこの子たちではなく彼らである。

どうしても彼らのドラマが見たかったが題名が思い出せない!DVDを、お店に借りに行くことにしました。直ぐに「人間失格」のDVDを手に取ります。当時このドラマはとても話題となり社会現象にもなる内容で衝撃的でした。脚本は私の大好きな野島伸司です。彼の脚本も次から次へと話題になりました。

転校生が名門中学に入り、いじめ、同性愛、自殺、殺人、復讐と、内容も物凄く怖い位背中がゾクゾクした見てました。当時の彼ら堂本らは、もとても可愛く、王子様的な顔立ちです。演技もとても上手でとても10代前半とは思えないほどの迫力です。

もう一気に全部見ようと思い、3枚借りて来たのだが9話までしかなかったのです。あと1枚借りてきていませんでした。「ショック、いよいよクライマックスだったのに」しかし今日はこの辺にして、明日また借りに行くことにしました。

今、DVDを見てて「よかった~ドラマで」と思っている。紅白歌合戦も出ていなかった彼らでしたが、年齢を重ね努力した彼らが今元気に歌を歌っている姿を見た時は何とも懐かしい気持ちになった。明日DVDを借りてきて、見終えたら、しばらくキンキキッズファンになること間違いありません。明日が楽しみです。

今日で早起きするのも終わり!今年もあと11ヶ月です

明日から2月ですね。もう1年の12分の1が終わりました。そんな1月は、息子の通っている幼稚園バスのお迎えの時間がとても早かったので、毎朝早起きするのが辛かったです。6時に起きて洗濯機を回している間にお化粧を済まし、それからパパのお弁当と朝食を作るという作業を50分で済ますという何ともハードな1ヶ月間でした。

体調を崩したら余計に辛いし、その為に毎日夜更かしせずに、早寝を心がけていました。
でも気付けば1月は今日で終わっていました。本当に過ぎればあっという間ですね。そして、明日からは今度は一番遅いコースになります。でも子供が起きる時間は変わらないんです。できればもう少し遅く起きてくれると私も助かるんですけど、そうもいきません。

でも何が一番困るかっていうと、バスのお迎えの時間までがあり過ぎて、ご飯と着替えを済ませた後、毎日何するよとなるんです。おもちゃで遊ぶにもひと遊びしたところでまだまだ時間があります。おやつを食べちゃうと給食が食べられなくなっちゃうし、かと言ってずっとテレビをダラダラ見られるのも何か嫌だし、この時間を何か有効に使える方法を考えないといけませんね。勿体無い気がしてしょうがないです。

私も息子が幼稚園へ行くまでは外に出られないので、夕飯の準備や掃除機はかけたりしますがね。早めに何か対策を取らないとまた2月もあっという間に終わってしまいそうです。息子にも子供の時から時間を有効に使えるのようになって欲しいです。

先日30年ぶりにカニを食べました!刺し身も鍋も美味しすぎた

先日主人の誕生日だったので「何か欲しいものある?それともどこか美味しいもの食べにいく?」と聞いたところ、「カニが食べたい!」との事。私は小学生の頃、貧乏だった家庭に育ち、もちろんカニなんぞ食べた事もなかったのですが、両親に「知り合いがカニを安く譲ってくれるのでそれで鍋パーティをすることになった。お前もカニが食べれる!」と言われてワクワク。

カニを譲ってくれたという父の会社の同僚の人一家とうちの家族でパーティーをしました。
この時の思い出があまりよくなくて、その同僚さんは「うまいだろ!これどこどこの名店なら足1本2000円はするぞ!」と一々値段をつけては食べていました。

「このミソお店なら5000円はするが、お前はこれ1000円でたべれるんだぞ、うまいだろ!な!」と言われ両親は、「お前のおかげでこんなうまいカニがこんな安く食えるとは!」「やっぱり○○円するだけあっておいしい!」と食べていました。私はというと、まずくはないですが、(こんな足で2000円もするなら色鉛筆買って欲しいわ…)と思いながら食べたものです。

そんな事もあり高い値段出してまで食べるものじゃないし、いいイメージがない為嫌いだったのですが、主人も「30年も食べてないんじゃ覚えてないだろう、たまにはいいじゃないか」と言われ、しぶしぶ行く事に。

と~れとれぴ~ちぴち♪の音楽で有名なカニ料理屋へ行って6000円のコースを食べる事にしました。お刺身や鍋がありましたが30年ぶりに食べた感想は「こんなにうまいものがあったのか」といった感じです。久方ぶりに食べたカニにもうすっかりメロメロになってしまった私。

主人に話しかけられてもカニ身をほじくるのに必死で「ちょっとまって!今集中してるから!」というひどい返事。でも主人は美味しそうに必死に食べる私をみてずっと笑って、またいこうね。と言ってくれました。やはり子供の頃の経験って色々補正がかかりますよね。私の場合はいい意味で化けましたが。