温野菜で野菜をおいしくたくさん食べて野菜不足を解消

最近、温野菜にはまっております。温野菜・・・シリコンスチーマーに好きな野菜を入れて、レンジで柔らかくなるまで加熱するだけの簡単メニューです。私が好きなのは、にんじんとカボチャ。適当な大きさに切って、大さじ3の水とともにレンジで加熱すること8分ほど。加熱が終わったら、さらに10分以上放置して余熱でさらに柔らかくします。

長めに加熱して、手でつぶせるくらいの柔らかさにするのが好みです。食べる時は、マヨネーズと黒コショウ(ペッパーミルで食べる直前に挽くあらびきコショウです)で。マヨネーズのクリーミーさと黒コショウのアクセントで、温かい野菜をさらに美味しく食べられます。マヨネーズはともかく、これって体にも良さそうなので、毎日のように食べているのですが・・・他にも、ブロッコリー、スナップエンドウ、さつまいも、じゃがいもあたりもやります。

ブロッコリーとにんじんカボチャの組み合わせとかだと、彩りもよくて見ていてもうれしくなります。切ってレンジで加熱するだけなのに、夕食の1品としてもちゃんとして見えるところがまた良し(笑)多めに作っておいて、翌日の朝にとろけるスライスチーズを乗せて再び加熱してから食べるのもまた美味しいです。

この時もあらびきコショウは必須!野菜って、1日に食べるべき量ってけっこう多かったと思いますが、温野菜とスムージーは野菜不足解消にはもってこいですね。柔らかいので、子供やお年寄りにもおすすめです。

日々行っている私のシミ対策!目指せ美肌

日頃行っているシミ対策に新しいのを試してみました。炭酸マスクで美白成分、肌色がアップするというものです。血行を促進して血色のいい肌を目指し、泡に包まれた美白成分がしっかりと肌に入って、即効性があります。この商品は、美容液で整えた後に、顔全体につけて3分後に拭き取るという簡単なものです。

もうひとつ試したのは、下地がいらないのにぴたっと密着、感動の時短肌ファンデーションというやつです。メイクアップクリームなんですが、下地が不要なのに肌と一体化してフィットする感覚が素晴らしいのです。スキンケア、日焼けどめ効果も抜群でこれ1本で毛穴も色むらも目立たないようにできます。買って良かったです。

後は民間療法的なものですが、黒砂糖を水でどろどろに溶いて、湯上がりにおよそ30分ほど、マッサージしながらすりこみます。最初の頃は、かゆくなりそうなイメージですが、やってみると意外に気持ちよいです。いずれの方法にしても気長に実施することが大切なのです。

一方では、ビタミンCをふくんだ野菜、イチゴ、柑橘類などといったくだものをできるだけたくさん食べるようにしています。ツボ押しでは、曲池、合谷、血海というツボを刺激しています。シミ対策に効果のあるツボなんです。暇を見つけては、ぐいぐいと押しています。

様々な方法を試して美肌のために頑張っています。効果が実感できたときは、とても嬉しくなって1日をいい気分で過ごすことができます。美容は、趣味のようになっています。